「私、運動にいい思い出がないんです」

お客様と話していて、こう仰る方が多いです。お客様に限った話ではありませんが、運動に苦手意識を持っている大人は多いと思います。

ただ「本当の意味で運動が苦手な人など存在しない」というのが僕の持論です。

というのも、きちんと理由があります。例えば、3歳とか4歳くらいの子って、自分の体力や運動神経とはまったく関係なしに、疲れ果てるまではしゃぎ回って遊ぶじゃないですか。むしろ、疲れていても、少し回復すれば、またはしゃぎ始めたり。どこにそんな体力あるの?と言わんばかりに。

僕には4歳の甥っ子がいますが、僕なんかより全然体力があるんですね。目一杯遊んであげて、もうこのくらいでいいでしょ?と思っても「もっと遊んで!」とキレてきます。

なので「人間のデフォルト(初期設定)は、運動が好きなようにできている」というのが僕の考えなんです。そもそも人間である以前に、動物ですから当然と言えば当然なんですけどね。憶測でしかありませんが、冒頭のように、運動が嫌いとか運動にいい思い出がないとかいう人でも、子供の頃は色んなものに興味を示して、元気よくはしゃぎ回っていたと思うんです。

それが、大人になるにつれて徐々に運動から離れてしまう。これって、学校の「体育の授業」が大きな原因だと僕は思っています。

体育の授業は、あらかじめ学校が決めたカリキュラムの中で、子供たちを競わせたり、運動のでき具合によって成績を付けます。当然、体力や運動神経には個人差がありますから、運動ができない子には悪い成績が、できる子には良い成績が与えられることになります。そこで成績が悪い子は「運動ができない子」という烙印が押されてしまうのです。

それに、成績が悪い子に対しては個別で指導が行われるわけではありません。どちらかと言うと補講とか居残りとか、あまり良くないイメージがありますよね。なので、その子が「私は運動が苦手」という意識を持ったまま大人になってしまうのも無理はないのです。そして、子供の頃に根付いた意識というのは頑固なので、大人になった時、ちょっとした場面で「私、運動苦手だからなぁ」と感じてしまうのです。

でも、僕は「誰かに決められた狭い枠組みの中で、自分の可能性を台無しにするなんて馬鹿げている」と思っているんです。

体育の授業を全面否定するつもりはありませんが、本当にもったいないことだと思うんですね。もし自分に子供がいて「体育の授業が嫌い」なんて言ってたら、間違いなく「いいよ、行かなくて」と伝えると思います。

というのも。学校の成績は一時的なものかもしれませんが、運動は生涯に渡って付き合っていくものですからです。小さい頃に、運動への苦手意識が根付いてしまうことだけは、絶対に避けたほうが良いと思ってるんですね。

それに、運動ってなにも体育の授業がすべてではありません。山登り、キャンプ、釣り、サイクリング、ダンス、サーフィン、ヨガ、ピラティスなど、色んな運動があります。それなのに、決められた狭い枠の中で、運動能力の優劣をつけるのって、僕はあまり肯定的ではありません。

僕は登山が好きなので、自分が親の立場だったら、学校の授業に出なくていい代わりに一級クラスの景色を見せたいと思います。そこで、自然を感じたり、写真を撮ったり、美味しいごはんを食べたり。「これが本当の運動だよ」ということを教えてあげたいですね。

小さな世界の中で、自分の可能性を閉ざす必要なんてありません。もし、今あなたが運動に対して少しでも苦手意識を持っているのであれば、そこはトレーナーである僕の出番です。苦手スイッチをリセットして、全部なかったことにしてしまえばいい。

「運動ってこんなに楽しかったんだ」「危なく一生台無しにするところだった」と感じていただけるようになることが、僕とあなたにとってのゴールです。そして出発点です。

本当の意味で運動が苦手な人など存在しない