「なに目指してるの?」

近頃は落ち着いてきましたが、それでもまだ、女性がトレーニングをしているとこのようなことを言われます。それに、プロテインを飲んでいることなどバレたら「マッチョ目指してるの?」などと言われることでしょう。

あくまで美容目的であったり、綺麗な体型をつくるためにそうしているわけですが、なかなか多くの人には理解されないようです。

ただ、僕の統計的に、そういう発言をする人は、男女問わず「自分の体型に無頓着」だったりします。運動はおろか、お腹が出ていたり、好き放題食べていたりする印象です。

ただ、やはり本人としてはモヤモヤするでしょうし、自分の努力を馬鹿にされているように感じてしまうことでしょう。そこで、僕が尊敬しているデール・カーネギー氏の言葉を覚えておくといいでしょう。

人を批評したり、非難したり、小言を言ったりすることは、どんな馬鹿でもできる。そして馬鹿者に限って、それをしたがるものだ。理解と寛容は、優れた品性と克己心を備えた人にはじめて持ち得る徳である。

(デール・カーネギー「人を動かす」創元社出版, 2009年, p27)

他人の努力を笑う人は、自分が努力していないことの証であると、僕は思っています。

もし自分がなにかしらの形で努力をしていれば、その辛さや苦労がわかるはずですし、決して人の努力を笑ったりなどしないからです。

先ほどのプロテインのくだりもそうです。トレーニングに励む人は、そうでない人よりもタンパク質(プロテイン)の必要量が増えます。なので、好きで飲んでいるというよりも、そうしなければならない状況にあるわけです。美意識を高く保つための姿が、人によっては「変わった人」というように歪んで映ってしまうのでしょう。

僕は、努力には2種類あると考えています。一つは、人から与えられた課題をこなすこと。これも立派な努力です。

もう一つは、自分で課題を発見し、自分で解決策を探り、自分で解決していくこと。僕はこちらの努力こそ真の姿であり、価値があると考えています。自分の力ですべてを解決してくわけですから、それはもう大変です。なので「なにやってんのこの人」という目で見られるのも当然だったりします。でも、他の誰も真似していない、自分だけの努力の形だからこそ価値が出るわけですよね。

僕は「笑ってくる人間は、放っておけばいい」と昔から考えていますから、あなたも気にすることはありません。そんなことより、他人の顔色を伺い、自分の目標が達成できないことのほうが、よほど恥ずべきことだからです。

これからあなたは綺麗になるために、様々な努力を強いられることとなります。言い換えれば、綺麗になるということは「その他大勢の人とは別の存在になること」でもあります。なので、好奇の目で見られることももちろんあるでしょう。女性からライバル視されることもあるでしょうし、男性からしつこくされることもあるでしょう。

ただ、それはあなたが綺麗になる道を選んだ証拠でもあります。なので、その状況を受け入れる勇気を持ってください。そして、なにがあってもブレない軸を持ってください。

努力は、笑われてからが本番である。