孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、自分たちが何をしようとしているのか、どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ。

アン・シャノン・モンロー(米国の小説家)

「一人は嫌だ」「一人だとどこにも行けない」「誰かと一緒にいたい」

古来より集団生活を営むことで困難や苦境を乗り越えてきた女性からすると、一人でいることに抵抗感を持つのは当然とも言えます。恐らく、DNAがそのようにプログラムされているのでしょう。

ただ、孤独でいることを受け入れられる人にのみ与えられた特権もある、と僕は考えています。

というのも、一人でいることは、自分自身の在り方を見直すための良い機会となるからです。過去、現在、そして未来まで、自分のことに静かに向き合える貴重な時間なのです。

誰かと共に過ごすことで生まれる考えもありますが、一人でいるからこそ生まれる発想やアイデアも多くあります。冒頭の引用にもあったように「本当の自己を知り、(中略)自分たちが何をしようとしているのか、どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ」という言葉はまさに至言です。

きっとあなたは「友達いないの?」と思われることもあるでしょう。ただ、裏を返せば「一人だとなにもできないの?」とも言えます。だから、あなたはそう言われた時、心の中でそう強く自分に語りかければいいのです。

友達がいないという人は、恐らく限定的な付き合い方をしているのでしょう。多くの人と関われば関わるほど、それだけ摩擦が生じますので、ストレスを抱えることになります。もちろん、あなたの言いたいことも言いづらくなり、結果として上辺だけの関係性になりやすい。偏見染みていますが、良くも悪くも友達がいない人ほど「自分の考え」を持っている傾向があるので、僕としてはそういう人のほうが信頼できると感じています。

一人でいることは決して退屈なことでも、寂しいことでもありません。むしろ、目の前のことに真剣に向き合っている証拠なのです。当然ですが、一人でいる時は、話し相手がいませんので頭の中で色々考えます。今夜の夕飯のレシピから、明日の予定、将来のビジョンまで。考えることに充てる時間が長くなりますので、色々アイデアが浮かんできます。

もちろん常に一人でいることで「特有の問題」も出てくるのでお勧めはしませんが、いつも誰かと一緒にいないと耐えられないという人は、たまには自分の時間も大切にすることです(一人の時間が欲しい!という人には理解していただけるはず)。きっといつもと違う発見があるはずです。

孤独は、あなたに与えられた贅沢な特権である。