こんにちは、浅野です。

「体重は減ったのに引き締まらない」

女性に多い悩みの一つで、きっとあなたも同じ経験があるのではないでしょうか。

今回はその謎を「体成分」という観点から紐解いていきたいと思います。

体成分ってなに?

体成分とは、体をつくる成分のことです。大きく分けて4つあります。

・体脂肪
・ミネラル
・タンパク質
・体水分

体脂肪

体脂肪は「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分けられます。

皮下脂肪は、目で見て確認できる脂肪のこと。二の腕や太ももなど全身にある脂肪のことです。体脂肪と言えば、こちらを指すことがほとんどです。

内臓脂肪は、お腹まわりにある脂肪のこと。内臓のすぐそばにあるので、目で確認したり、手でつまんだりすることはできません。

どちらの体脂肪も少ないほど引き締まった体型になります。なので、ダイエットで減らすべきなのは体脂肪だけです。ただし、体脂肪には体温を保ったり内臓を守ったりする役割があります。ですので、減らしすぎには注意が必要です。あくまで「余分な体脂肪」だけを落とすようにします。

ミネラル

ミネラルは「骨ミネラル」と「骨外ミネラル」に分けられます。

骨ミネラルとは、骨に含まれるミネラルのこと。ミネラル全体の約80%を占めており、残りは骨外ミネラルとして体内に蓄えられています。

ややこしいので、ミネラルと言えば「骨ミネラル」のほうだとお考えください。骨の主な役割はカラダを支えることです。なので、骨ミネラルが不足すると骨折しやすくなったり、骨粗鬆症になりやすくなったりします。極端な食事制限によって、骨は脆くなりやすいので注意が必要です。

タンパク質

タンパク質は、筋肉をはじめとした体の組織を構成する成分です。骨や血液、臓器にも含まれます。

ですので、タンパク質が不足している方は、筋肉量も少ない傾向にあります。極端なダイエットをすると、まず筋肉から痩せ細ってしまうので、ダイエット中はタンパク質の摂取は特に心がけるようにしましょう。

体水分

体水分とは、体内に存在する「水分」のこと。人の体の中で最も多い成分であり、50 ~ 70 %を占めます。

体水分は、筋肉などの組織に含まれる「細胞内水分」と、血液などに含まれる「細胞外水分」に分けられます。もし細胞外水分の割合が高い場合、体が浮腫んでいる可能性があります。ここでは「体には水分が一番多く存在しているんだ」くらいに覚えておけば大丈夫です。

体重は4つの成分を合わせたもの

さて、体は4つの成分(体脂肪、ミネラル、タンパク質、体水分)で構成されていることがわかりました。これはつまり、すべてを合計すると体重になるということです。

ですので、体重というのはあくまで合計値のことなのです。大切なのは、それぞれの成分がどのくらいの割合を占めているのかを知ることなのです。

Inbodyで体成分を調べてみよう

では、体成分を知るにはどうすればいいのでしょうか。

家庭用の体成分計で測ることも可能ですが、その日の体調だったり、品質によって差があるので、信じすぎるのは禁物です。

こちらは僕のジムにある「Inbody 570」と呼ばれる高性能の体成分計で、お客様の体成分を測定したものです。

2つの「青枠」で囲った部分にご注目ください。まずは左の青枠から見ていきましょう。

「体成分分析」の項目に、先ほどの4つの成分があることがわかります。

「体水分量、タンパク質量、ミネラル量、体脂肪量」を合計すると、体重(赤枠)の値になるのがお分かりいただけると思います(25.4 + 6.8 + 2.42 + 17.6 = 52.2)

ただし、これらは数字に過ぎないので、果たしてこの結果が良いのか悪いのかがわかりませんね。そこで、右の青枠をご覧ください。

「栄養評価」の項目では、体成分の良し悪しがわかります。この場合、「タンパク質:不足」「ミネラル量:良好」「体脂肪量:過多」になっていることがわかります。

ただし、タンパク質が不足しているからといって「お肉をたくさん食べなきゃ」「プロテイン飲まなきゃ」というように、口から摂取するものが直接結果に反映されるわけではありません。

これはあくまで体の「状態」を表すもので、つまり筋肉が少ないということを意味します。ですので、食事によるタンパク質の摂取、そして運動によって筋肉量を増やすことで、タンパク質の項目を「良好」に変えることが可能となります。

ダイエットでは、体重よりも体成分を知ることが大切。

さて、そもそもダイエットではなぜ体成分を知ることが大切なのでしょうか。

ダイエットで減らさなければならないのは「体脂肪」なのです。その他のミネラルやタンパク質、体水分は減らしてはいけません。

ですが、体成分を知らないまま、体重だけを落とそうとすると次のようなことが起こります。

体重は減ったけれど、そのうちの「なにが減ったのか」がわかりません。

もちろん体脂肪が減っていれば良いわけですが、必ずしもそうとは限りません。もしかしたら、筋肉が減ってしまっているかもしれません。

残念なことに、実際にはそういう女性が非常に多いのです。冒頭で「体重は減ったのに引き締まらない」とお伝えしましたが、まさにこの状態。体脂肪ではなく、筋肉が減ってしまっているのです。

極端な食事制限によって、本来増やすべきはずの筋肉が減ってしまう。体重は減ったけれど、それは体脂肪が減ったことによるものではなく、筋肉が減ったことによるものなのです。

ちなみに、逆のケースも見てみましょう。体重が増えたケースです。

女性は体重が増えることに非常に敏感です。ただ、体重が増えただけでは「なにが増えたのか」がわかりません。もし、あなたがトレーニングをしているのなら、筋肉が増えたのかもしれません。また、生理前は体に水分を溜め込みやすいので、その影響かもしれません。

ですので、体重が増えることと体脂肪が増えることは、必ずしもイコールではないのです。特に、食べ過ぎた翌日などに増えた体重は、ほぼ水分の影響によるもの。体脂肪の増加によるものではないので、慌てず冷静になることが大切です。

今回のまとめ

今回は「体成分」についてお話をしました。

体成分を知ることは「GPS付きの地図を手に入れるようなもの」です。自分の現在地が分かり、どのルートをどうやって進めば目的地に辿り着くかを教えてくれるのです。

「体重は普通なのにたるみが気になる」「もっと体を引き締めたい」という女性が多いので、体験レッスンの際にInbody計測をおこなっています。先ほどの結果用紙を用いて、あなたがどうすれば目標の体型に近づけるのかを、わかりやすく説明させていただいております。

あなたの将来のためにも「今」を楽しく生きるためにも、ぜひ一度ご来店ください。お待ちしております。

美への第一歩は、まずあなたが「あなた自身のこと」をよく知ることである。