代謝が悪いから太りやすい、代謝が良いから痩せやすい。

このように「代謝」という言葉を、あなたは日常的に耳にするはずです。ただ、一言に代謝と言っても、その意味をしっかり理解している人は稀です。

今回は「代謝」が痩せやすい体を作る上で、なぜ重要なのかを分かりやすく解説していきます。

そもそも代謝ってなに?

代謝とは「体内でおこなわれる栄養素の分解や合成」のことです。

これだとピンと来ないので「体内でエネルギーが使われること」くらいに覚えておけば問題ありません。一括りに代謝と言っても、基礎代謝や活動代謝、新陳代謝など、さまざまな種類があります。ダイエットやボディメイクでよく使われるのは「基礎代謝」のことを指します。

なので「代謝が良い」と言えば、基礎代謝が高いことを意味します。

基礎代謝ってなに?

それでは、基礎代謝とはなんでしょうか。これは「なにもしていない時に消費されるカロリー」のことです。

なぜ、なにもしていない時にカロリーが消費されるのかは後ほど説明します。

実は、私たちが1日に消費するカロリーのうち、約70%が基礎代謝によるものなのです。つまり、なにもしていなくても1日の70%は基礎代謝によってカロリーが消費されているのです。

例えば、1日に2000kcalを消費する人がいるとします。そのうち1400kcalほどは基礎代謝によって消費されているのです。(2000kcal x 70% = 1400kcal)

何もしていないのに、なぜカロリーが消費されるの?

では、なぜなにもしていないのにカロリーが消費されるのでしょうか。実は「なにもしていない」というのは、私たちが「意識していないだけ」の話であって、体は常に働いているのです。

上図は基礎代謝の内訳です。筋肉や肝臓、脳、その他臓器は、私たちが意識していなくても常に働いているのです。

これは当たり前の話であって、もしいずれかの臓器の機能が停止してしまったら、私たちの健康に何かしらの障害が出るからです。あなたがソファでスマホを見ている時も、ベッドで横になっている時も、常にカロリーは消費されているのです。

このように生命を維持するのに欠かすことのできない基礎的な代謝ということで「基礎代謝」と呼ばれているのです。

なぜ基礎代謝が高いほうがいいの?

ダイエットでは基礎代謝が高いほうが良いとされています。その理由を見ていきましょう。

例えば、基礎代謝が1,400kcalのAさんと、1,450kcalのBさんがいたとします。

【基礎代謝】
Aさん:1,400kcal

Bさん:1,450kcal

この場合、Bさんのほうが、1日あたり50kcal多くカロリーを消費していることになります。

「たったの50kcalでしょう?」と思いがちですが、これをもう少し長い期間で見てみましょう。1ヶ月で約1,500kcal、1年で約18,250kcalもの差が生まれるのです。

カロリー表示だとパッとしないので、体脂肪量に換算してみます。体脂肪は1kgあたり7,200kcalのエネルギーを持っています。つまり、18,250kcalが消費されるということは、1年で約2.5kgの体脂肪が減ることになるのです。(18,250kcal ÷ 7,200kcal)。

基礎代謝が50kcal違うだけで「何もしなくても」、1年で2.5kg痩せることができるのです。

Aさんの場合は、Bさんに比べると「太りやすい体質」と言えるので、5年、10年経つと体型が大きく変わるのも不思議ではないのです。

基礎代謝を上げるには「筋肉」を増やすこと

基礎代謝が高いほうが痩せやすい、ということまでは分かりました。

では、どうすれば基礎代謝を上げることができるのでしょうか。先ほどの図をもう一度見てみましょう。

基礎代謝による消費カロリーのうち、最も重要なポジションを占めるのは「筋肉」でした。

つまり、 筋肉を増やせば基礎代謝を上げられるということです。

そもそも、肝臓や脳などの器官は増やすことはできませんので、基礎代謝を上げるには筋肉を増やすことが大切なのです。

基礎代謝を上げるにはどんな運動がいいの?

基礎代謝を上げるには、まず筋肉を増やすこと。

では、筋肉を増やすにはどんな運動が良いのでしょうか。

僕は「どんな運動でも良い」と考えています。というのも、運動習慣がない人は軽めに体を動かすだけでも筋肉量は増えるからです。ジムに行ったり、特別なマシンを使わなくても、まずは軽めにジョギングをしたり、部屋で軽く筋トレするだけで十分です。

ただし、一つだけ条件があります。「これ楽しそう」「気持ちよさそう」「これならできそう」という運動を選ぶことです。あまりにハードな運動は続きませんし、直感的に「なんか違うな」と思うような運動は、ストレスになりかねませんので、自分が興味ありそうな運動を選ぶことが大切です。

具体的にどれくらい基礎代謝が上がるのかは個人差があるのでお伝えするのは難しいですが、筋肉量が増えることにより確実に基礎代謝は上がります。

そこで何もしなければ、加齢によって基礎代謝は減る一方ですので、太りやすくなるということです。

今回のまとめ

今回は、基礎代謝について解説させていただきました。

大人になると1年経つのはあっという間ですし、だからこそこまめに体を動かす習慣を身につけることが大切なのです。

「自分の基礎代謝を知りたい」という方は、体験セッションの際にInbody測定で計測することができますので、ご興味ある方はまずはお気軽にお越しください。

あなたもしっかり基礎代謝を上げて、いつまでも綺麗な体でいてください。

体質は、何を与えられているかではなく、与えられたものを「どう生かすか」が大切である。