こんにちは、浅野です。

こちらは以前、かなり反響のあったツイートになります。女性に「右と左どっちの体型になりたいか」というアンケートを取りました。

結論から申し上げると「右派」の方がほとんど、というより100%だったんですね。「私も右派です!」というメッセージを多数いただきました。実際に「こういうカラダになりたいんです!」とご来店いただいたお客様もいらっしゃるほどです。

まず、誤解のないようにお伝えしなければならないのは、どちらも引き締まっていて美しい、ということです。当たり前の話ですが、どちらが良いとか優れているとか、そういう話ではありません。ここは誤解しないでください。

現在のフィットネス業界では「左」を目指す方が多いように思います。「大きな筋肉を鍛えましょう」「メリハリをつけましょう」という考えです。どちらかというと「欧米寄り(西海岸風)」のイメージです。

ただ、僕は今も昔も「右派」なのです。左の女性に比べると線は細いけれど、一本芯が通っており、全体的に調和のとれたバランスの良い体型です。アジアンビューティのようなイメージです。

では、どちらが「女性らしいか」と問われるとどうでしょうか。答えは「どちらも女性らしい」のです。つまり、体のイメージというのは個人によって差があるということです。ボブが好きかロングが好きか、と同じ話です。どちらも女性らしいヘアスタイルであることには変わりなく、好みは人それぞれだからです。だから、ダイエットやボディメイクに「正解」は存在しないのです。最終的には「あなたの好み」なのです。

ロングヘアのカットが得意な美容師がいるように、トレーナーにもそれぞれに得意分野があるでしょう。ある程度のメリハリは大切だと考えていますが、僕はあくまで「細さ」にこだわっています。なぜ細さにこだわるのかと言えば、それも「僕の好み」に過ぎないのです。

僕の仕事のコンセプトの一つに「女性が本当になりたい体をつくる」があります。そういう意味でも、アンケートの結果で、僕とお客様の「好みの体型」が合致したことは非常に大きな意味を持ちます。もし、トレーナーとあなたの理想像が合致していなかったら「思っていたヘアスタイルと違う」ということになりかねないからです。

基本的に僕のトレーニングは「自体重トレーニング」が中心です。あくまで「細さ」を大切にしているため、ダンベルやバーベルを使うことはあまりありません。筋肉を必要以上に大きくする必要がないからです。ラットプルダウンやルーマニアンデッドリフトなど、重力ベクトルの関係で自体重だと負荷がかけにくい種目のみウエイトを使うくらいです。どちらかというとマイナスの状態にある人をゼロの状態に戻してあげるのが僕の役割なので、そういう意味でも「必要以上の負荷」は必要ないのです。

ちなみに昨今は「尻トレブーム」ですが、僕はあまりそうしたブームにも乗りません。「小尻派」という理由もありますが、そもそも体というのはバランスが大切だからです。どこか一部分だけを集中的に鍛えると、姿勢不良の原因となり、体を痛める恐れがあるからです。当然、シルエットもアンバランスになります。なので、あくまで全体の調和が取れたバランスの良い体が、僕にとっての「美しさ」の基準となっています。

ちょうど僕が作成したこのロゴも、どこか一部分だけが発達していれば非常にアンバランスなものになってしまいます。なので、遠目で見て「あ、バランスいいな」と思うくらいがちょうどいいのです。

あなたがパーソナルトレーニングに通う大きな理由は「痩せたいから」だと思いますが、もう一歩踏み込んで考えてみましょう。というのも「痩せたい」というのは、言ってしまえば「髪を短くしたい」と言っているのと変わらないからです。5kg痩せたいというのは「5cm髪を切りたい」と同じ意味です。そうではありませんよね。必ずあなたの「理想」があるはずです。なので、単に「安いから」「近いから」という理由でジムに通うのではなく、「こういう体になりたい」「こういうヘアスタイルになりたい」という視点を持つことが大切だと思います。

パーソナルトレーニングというと、どうしても「筋肉つけましょう」「筋トレしましょう」「プロテイン飲みましょう」の体育会系のイメージになりがちですが、僕のところはそうではない。「ドリルを売るには穴を売れ」という言葉のように、あくまで「女性が綺麗になること」が主軸なので、正直な話、筋肉や筋トレ、プロテインなんかはどうでもいいんです。それはあくまで一つの手段であって、目的ではない。そして、もしかしたら手段にさえならないかもしれないのです。

なぜなら、ストレッチだって良いかもしれないし、一緒に公園のまわりを軽くウォーキングするだけでもいいかもしれないし、30分ゆっくり話を聴くだけでもいいかもしれないから。それで「女性が綺麗になる」のであれば、僕はどんな手段でもいいと考えています。それもまた「正解がない」のです。でもこれって考えてみれば、当たり前の話です。同じ人間なんか、この世に一人でも存在しないわけですから、様々なアプローチがあって当然なのです。

流行に流されないこと。自分が本当になりたいのはどんなカラダなのか。そのイメージを強く持ち続けることが大切です。

あなたは「大きな丸いお尻派」でしょうか。それとも「キュッと引き締まった小尻派」でしょうか?