こんにちは、浅野です。

「体重は減ったのに引き締まらない」と悩む女性が多いようです。きっとあなたもその一人かもしれません。

せっかく目標体重まで落としたのに、お腹は凹まないし、脚は太いし、全体的に締まりのない体型になってしまう。

なぜなのでしょうか。前回、肥満度を表す指標として「BMI(体格指数)」をご紹介しました。

BMIは世界中で使われているほど有名な指標ではありますが、一つだけ「欠点」があります。BMIが標準でも太っているケースがあるのです。

肥満度を測る指標なはずなのに、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。その点についてお話ししていきます。

BMIは標準でも、太っている場合もある。

まず、BMIについて簡単に復習しましょう。身長156cm、体重52kgの女性のBMIを求めてみます。

BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

「52(kg) ÷ 1.56(m) ÷ 1.56(m) = 21.4」なので、AさんのBMIは「21.4」です。

BMI21.4は「標準」にあてはまるので、健康上は問題ありません。ここまでが前回までの内容でした。

しかし、それだけでは「肥満ではない」と言い切れないのです。矛盾するようですが、BMIが標準でも太っている場合があるのです。

こちらはAさんのInbodyの測定結果です。左の青枠「肥満指標」に注目してください。AさんのBMIは21.4なので「標準」にあてまはまります。

しかし、その下の体脂肪率にご注目ください。33.7%なので「高」のゾーンにあることがわかります。

右の青枠「肥満評価」を見てみましょう。BMIが「標準」、体脂肪率が「肥満」になっていますね。つまり、BMIが標準であっても肥満判定になることがあるのです。

つまり、BMIと体脂肪率はセットで見なければならないのです。

なぜBMIが標準でも肥満判定になるのか?

では、なぜBMIは標準なのに肥満判定になってしまうのでしょうか。

それは、BMIはあくまで身長と体重から求める指標だからです。こちらの写真をご覧ください。

同じ体重でも「え、全然見えない!」「もっと痩せて見える!」ということがあります。

これは人それぞれ体成分が違うからです。同じ体重でも筋肉量が多い人もいれば、体脂肪量が多い人もいます。なので、身長と体重から求めるBMIでは、その人の体型を完璧に把握することはできないのです。

BMIが標準でも肥満判定の方もいれば、BMIが肥満レベルにある人でも引き締まっている人がいたりするのです。

筋肉は体脂肪よりも重い性質があるので、上の写真のように、同じ体重でも痩せて見えるのです。よく「体重よりも見た目が大切」と言われる所以はここにあります。

あなたはどのタイプの体型?

最後に、こちらの表であなたの体型チェックをしてみましょう。「縦軸をBMI、横軸を体脂肪率」として体型を11種類に分類したものです。

先ほどのAさん(BMI21.4・体脂肪率33.7%)を例にしてみましょう。まずはBMIだけで見ると「青色」の部分のいずれかにあてはまりそうですね。

しかし、BMIだけでは筋肉質なのか肥満なのかがわかりません。そこで「体脂肪率」とセットで見てみます。

Aさんの体脂肪率は33.7%なので「やや肥満」または「隠れ肥満」であることがわかりました(BMI21.4なので「やや肥満」と「隠れ肥満」の間あたり)

このように、BMIは体脂肪率とセットで考えるようにしてください。

今回のまとめ

今回は、BMIと体脂肪率をセットで考えることの大切さについてお話ししました。

あなたが体重に執着してしまう気持ちはわかります。ダイエットでは体重が一番わかりやすい目安ですし、もし減っていれば嬉しくなるものです。ですが、体重がすべてではないということだけは頭に入れておいてください。

次回は「では、どうすれば隠れ肥満を解消できるのか」についてお話しします。

あなたが本当に手にしたいのは理想の体重ではなく「理想の体型」なはずである。