「体重がヤバい。ダイエットしなきゃ」

少し食べ過ぎて体重が増えると、あなたはすぐにダイエットについて考えはじめます。

それは悪いことではありませんが、それを「どのくらいの頻度でおこなっているか」が問題になります。恐らく、体重が少し増えるたびに食事制限を繰り返していないでしょうか。

このように短期間で繰り返しおこなう極端なダイエットを、僕は 「プチダイエット」と呼んでいます。そして、このプチダイエットが「太る原因No.1」だと考えています。

プチダイエットってなに?

プチダイエットとは、短期間で繰り返しおこなう極端なダイエットのことです。

例えば、こんな感じです。

週末に食べすぎてしまい、体重が増えてしまった。ヤバい!と思い、次の日からダイエットをはじめる。朝は白湯だけ、昼は野菜のみ、夕飯は野菜とスープを軽く口にする程度(炭水化物は全カット)。

このような食事を数日繰り返す。

すると、体重は減っている。けど、次の週末また食べすぎてしまい体重が増えてしまった。また、ダイエットしなきゃ!と思い、この前の同じような食生活で体重を減らそうとする。

このようなダイエットは、女性に圧倒的に多いのが特徴です。というのも、女性は体重にとても敏感なので、少しでも体重が増えれば「ダイエットしなきゃ!」「痩せなきゃ!」と考える傾向があるからです。

そこで、長期間に渡ったダイエットではなく、数日間 ~ 数週間という短い期間でダイエットをはじめようとするのです。もちろん、ダイエットをすることがダメというわけではありません。誰だって食べ過ぎることはありますし、体重が増えたら痩せたいと思う気持ちが芽生えるのも当然です。そうでないと、ずるずると太ってしまいますから。

ではなにがダメなのでしょうか? 先ほどの例のように、朝は白湯のみ。昼と夜も野菜とスープのみで、栄養バランスが極端に偏ってしまっていることが問題なのです。女性の間では「調整」「リセット」と呼ばれることがあります。中には、固形物は一切摂らずドリンクだけで過ごすような方法であったり、断食を試みる方も多く見受けられます。

このように極端な方法でダイエットをすることで、色々と問題が起こるわけです。

なぜプチダイエットはダメなのか?

では、なぜプチダイエットがダメなのでしょうか?

理由は「筋肉が減るから」です。プチダイエットのような極端なダイエットをすると、体が極度の栄養不足となり筋肉が減ってしまうのです。もちろん、筋肉が減ったことにより体重も減るのですが、言うまでもなくそれは良い減り方ではありません。

ダイエットでは「なにを減らすのか」が大切です。減らすのは筋肉ではなく「体脂肪」です。いくら体重が減ったとしても、それが体脂肪ではなく筋肉であれば、ダイエットとは呼べません。このようにプチダイエットでは、体脂肪ではなく筋肉が優先して減ってしまうということを覚えておきましょう。

筋肉が減るとリバウンドしやすい?

では、どうして筋肉が減るとダメなのでしょうか。疲れやすくなる、体が冷えやすくなる、風邪を引きやすくなる、肌が乾燥しやすくなるなど様々ですが、ここではダイエット的な観点から見ていきましょう。

図のように、筋肉が減ると基礎代謝が低下します。基礎代謝が低下すると、エネルギーを消費しない体になりますので、太りやすい体になってしまうのです。

そして、多くの女性は一度や二度ではなく、何度もプチダイエットを繰り返す傾向にあるので、下の図のようなイメージになります。

プチダイエットを繰り返すたびに筋肉が減ってしまうのです。そして、注目していただきたいのが、普通に食べた後も体重が増加している点です。基礎代謝が低くなってしまったので、以前と同じ食事をしているとエネルギーが余り、太ってしまうのです。

例えば、プチダイエットをする前は、1日あたり1200kcal消費していたとしましょう。しかし、プチダイエットによって基礎代謝が低くなると、1100kcalしか消費しない体になってしまうのです。つまり、1日あたり100kcal分太りやすくなったということ。

1日100kcalの赤字は、1年で36,500kcal(100kcal x 365日)になります。体脂肪は1kgあたり7,200kcalのエネルギーを持っていますので、1年で約5kg太ることになります。(36,500kcal ÷ 7,200kcal)

食べ過ぎた翌日はどうすればいい?

まず、食べすぎた翌日は体重が増えるのは自然なことです。1kg増えるかもしれませんし、3kg増えるかもしれません。

だからと言って、焦るのは禁物。先ほども申し上げたように、体脂肪は1kgあたり7,200kcalのエネルギーを持っています。つまり、純粋に体脂肪を1kg増やそうと思ったら7,200kcalのエネルギーが必要なわけです。どんなに食べ過ぎたとしても、1日3000kcalくらいでしょう。しかも、成人女性は1日に1700kcalほど消費しているので、余剰分としては1,300kcalほどです。なので、そうした生活を5 ~ 6日続けなければ、体脂肪を1kg増やすことはできないのです。

では、増えてしまった体重の正体はなにかと言えば「水分」です。

ですので、まずは冷静になりましょう。落ち着きましょう。「体重は増えたけど、体脂肪が増えたわけではない」と自分に言い聞かせてください。なにを食べたらいいとか、どんな運動をしたらいいとか、そうした心配をする必要はありません。まずは落ち着いてください。

そうでないと、あなたはすぐにプチダイエットに走ってしまうから。もちろん、胃が疲れていたら無理に食べる必要はありません。ですが、なにも食べないことも良くありません。朝はシリアルや果物、スムージーにしてみる。昼と夜は軽めの和食にする。そして、ごはんも抜かないこと。炭水化物をきちんと摂り、バランスの良い食事を心がけることです。

極端な食生活にするのでなく「ごく普通の食事」にすればいいのです。いくら食べ過ぎたと言っても、それはイベント的なものであり、体重の増加もイベント的なものに過ぎないのです。稀に、体重が増えたまま戻らないというケースもありますが、断言しますが、それは体脂肪が増えたことによるものではありませんのでご安心ください。

今回のまとめ

今回は、プチダイエットについてお話ししました。

太る原因は多岐に渡りますので一括りにすることはできません。ただ、僕の経験からプチダイエットによる肥満およびリバウンドがとても多いことがわかっています。

今後、食べ過ぎてしまった時などは、一度立ち止まって、今回の内容を思い出すようにしてください。

まずは落ち着こう。